投資の考え方

株式投資 鬼10則

強く生き残るために必要なもの

厳しい競争、目まぐるしく変化する環境、そのような環境下で力強く生き残るために必要なもの。強い力に振り回される羊達ではなく、自分の意思で強く生きていくために必要なもの。

 

それが原則だ。

 

時には窮屈で、自己規律を必要とするが、人や組織を力強く作り上げていく基盤。

 

それが原則だ。

 

そしてこれが、株式投資鬼10則だ。

 

PE(株価収益率)にこだわれ

PEが高いということは未来への期待でいっぱいの銘柄だ。

人はしばしば期待しすぎる。

 

宝くじ売り場を見てごらん。

 

人は都合のよい期待をいだいて投資をすることは一目瞭然だ。

期待は脆く、危うく、簡単に崩れ落ちる。

PE20以下は絶対だ。

どんなことがあってもPE20以上の銘柄に手を出してはならない。

上昇余地より下落余地

この銘柄は上がるから、上がるから、上がるから、と言って買うと、不思議なくらいに下がる。

どのくらい上昇する余地があるかではない。

 

どのくらい下落する余地があるかだ。

 

下落余地が小さいものを買え。

大切なのは守りだ。

デイフェンス、デイフェンス、デイフェンスだ。

下落余地に注目しろ。

5年たってもバーゲンで買え

iPad Proが60%オフになったら買う?

東京のマンションが60%オフになったら買う?

新米コシヒカリが60%オフになったら買う?

普通の感覚を忘れるな!

歴代の名だたる投資家はバーゲンで安くなった株を買って財を築いてきた。

最近はAIが暴走するだとかで、そんな下がるん!?というレベルまで下がることがある。

本質的価値を無視して暴走することがある。

 

チャンスは来る。

 

優良企業をコツコツと買いながらも、バーゲンのチャンスに備えておけ

EPS成長率こそ正義だ

シーゲルの調査結果、バフェットが実践してきたこと、ここから学べることは、

EPS成長率こそ正義だ。

配当がいいからと言って、EPS成長が見込めない事業に投資してはならない。

キャッシュフローに妥協してはならない

投資対象は事業だ。

事業は活動の結果として金を稼がなきゃならん、キャッシュを稼がなきゃならん。

良いものを提供すれば、キャッシュが集まってくる。

当然のことだ。

当然のことをしっかりやっている事業に投資しろ。

時には短期で利食いをしろ、損切りはするな

これは有名な敗者のゲーム(チャールズ・エリス)からの引用だ。

株式の保有期間が長くなれば、リスクとリターンが収束するという調査結果だ。

ここから何が学べるか?

・長期で保有したらOK

・短期で利益が出たら利食いしとけばOK

BNFさんや、CISさんのような人は、短期の利益を確保し、短期の損失をカットする。

私にはそんな手腕はないので、銘柄選択と長期保有で損失を最小限に抑え、

たまたま短期で利益がでたら、一部を利食いする。

 

私が使っている証券会社は取引手数料が無料だ。

1株の売買でも完全無料だ。

 

私が住んでいる国では株式の売却益への課税がゼロだ。

手数料無料、課税なし。

この環境を活用しない手はない。

値動きはただの気まぐれだ。

値動きに基づく損切りはしない。

損切りしなければならなくなるような事業に投資をするな。

どうしても損切りするときは、事業を見て損切りをしろ。値動きは関係ない。

不安なときに買い、楽観のときに売れ。

市場は面白いくらいに気分がコロコロと変わる。

投資対象の本質的価値は何も変わっていないのに、本当にコロコロと気分が変わる。

市場が不安がっているとき、怖くて買えないと言っているときに買え。

市場が強気で楽観的で、買いだ買いだと言っているときに売れ。

職場の若い子が株がどうのとか言い出したら、絶対に売りのサインだ。

OPEX(運営コスト)比率が低い事業に投資しろ

OPEX(運営コスト)比率が高いと、ちょっとした環境の変化で赤字に転落する。

・ガード下で夫婦二人で20年やってるボロっちいお好み焼き屋

・駅前ビル内でバイトがいっぱいのお好み焼き屋

 

 

・電話一本で自宅で仕事してる弁護士さん

・最新設備の歯医者さん

 

 

・同じものを作り続けるタバコ業者

・常に新しいものを作り続ける家電メーカー

 

 

どちらが赤字倒産しやすいか?

売上高、営業利益、粗利益に対する運営コストの比率に注目しろ。

低い運営コストで高い利益をあげている事業に投資しろ。

今の配当だけではない、未来の配当を見据えよ

配当は素晴らしい。

安定して配当を出し、自社株買いをする企業に投資しろ。

今の配当が多少低くとも、EPSが継続成長しており、会社が株主のことを考える企業であれば、未来の配当も明るいであろう。

逆に、今の配当だけに目が眩んで長期的な判断を誤ることがあってはならない。

長期投資において、銘柄選択は最重要ファクターだ。

決算書に目を通し、事業環境を学び、未来を見据えて選択せよ。

鬼10則を守れ、そして見直せ

鬼10則を守ること。

強く生き残るために必要なものは原則である。

行動原則、思考原則、自己を律する規律であり、原則である。

ただし、環境は変わる。すさまじいスピードで。

変化に対応できるものだけが生き残れる。

いつでも原則を見直す素直さを忘れるな。