Life hacks

iPad Pro のスマートキーボードを返品した理由

IPad Pro のスマートキーボードは素晴しい。

コンパクトで、打鍵感も優れている。

薄く、軽く、最強のキーボードだ。

 

でもね、iPad はこうやって使いたい

画面に直接手でアクセスできることがiPadの真骨頂だ。

このときにはキーボードを畳んで、こういうカタチをとることになる。

ウラ側を見てみよう

この姿勢はなんとも居心地が悪い。

このキーボードを支える指の居心地の悪さといったら、それはもう休日の買い物中にデパートのエレベーターの中でばったり上司に遭遇したような居心地の悪さだ。

 

スマートキーボードはキーボードとして使っているときにはスマートで素晴らしい

だが、iPad を持つ、あるいは支えるという使い方になったときに違和感が発生する。

実用重視のノットスマートキーボード

私が提案するノットスマートキーボードだ。

ノットスマートである。

とっさの文字入力には対応できない。

基本的にはiPadはその強みを活かして手で扱う使い方をして、いざ文字入力をするときには腰を据えて取り組むという前提がある。

・iPadでもPCでも、同じ慣れたキーボードを使うことができる。

・ iPadの真骨頂の手で持つ、支えるというアクシションに端子を外すだけで移行できる。

・ノットスマート
・キーボードの電源をiPadから供給している(iPadの充電が急速に減って困るほどのことではないが、長時間の使用では充電できるハブをつけたほうがいいだろう)

私の使い方に合わなかっただけで、スマートキーボードは素晴らしい。無条件で返品できるAPPLE STOREで買って実際に使ってみるのがいいだろう