注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

シーゲル流の教科書「株式投資の未来」の隠された真実

シーゲル流の教科書「株式投資の未来」に隠された真実を見てみよう。

↑この表は1957年から2003年までの運用成績トップ20社とS&P500との比較だ。(出典: 株式投資の未来   )

明確な差があるのは、EPS成長率ではないだろうか?

EPS成長率の差:1.49倍(9.70÷6.08)

平均PERの差:1.10倍(19.17÷17.45)

配当利回りの差:1.04倍(3.40÷3.27)

 

会社名の入った表をみてみよう。


こうやって見てみると、シーゲルさんは配当、配当、というけれども、

S&P500と成績上位銘柄の明確な差は、EPS成長率だということが明確だ。

シーゲルさんは有益なデータを残してくれているが、データの見方に偏りがある場面がある。

自分の目で冷静にデータを見て、賢く投資をしていきたい。