個別銘柄

アップルショックでも下げない優良増配銘柄アメリカ株はこれ!

11/19(月)-11/20(火)はアップルショックでテック株を中心に下落。

カメ爺さん
カメ爺さん
この記事では、そんなのお構いなしで下げない優良増配銘柄を紹介します。

Public Storage(パブリック・ストレージ)(PSA)

会社名:Public Storage(パブリック・ストレージ)
ティッカーシンボル:PSA

Public Storageパブリック・ストレージってどんな会社?

1971年に設立されたREITで、セルフサービスの貸し倉庫をメインに管理、保有、運営。
アメリカの38州に2,277庫、ヨーロッパでは7か国に219庫の貸し倉庫を持つ。
商業、工業用の貸しステナント業の一部も有しており、世界最大の賃貸経営業者。
その長い成功の歴史、市場での存在感、顧客重視の姿勢と貸し倉庫業でのリーダー的ポジションによりPublic Storageは貸し倉庫業界で信頼される存在。
Public StorageはS&P 500、FT Global 500の構成銘柄。

YouTubeのCM(こんな会社です)

(アメリカでは1990年以降貸し倉庫が徐々に増え、2000~2000年では年間3,000の貸し倉庫が造られ、現在では44,000~52,000の貸し倉庫があると言われています)

Public Storageの業績

それでは、業績をみてみましょう。


[Revenue:売上高] [Earnings:純利益] [Cash Flow:キャッシュフロー]


売上、キャッシュフロー、純利益ともに順調の伸びです。

ここでなにより注目すべきは、売上高の50%を超える純利益があることでしょう。

キャッシュフローは売上高の74%です。
こちらの記事のFACEBOOKのようなキャッシュフロー比率です。

キャッシュがざくざく入ってきています。
キャッシュがざくざく入ってきています。

経営の効率化を示すROEとROAを見てみましょう。
バフェットも重要視する指標です。
一般的にROEは15%以上、ROAは5%以上が優秀と言われています。

こちらは業界毎の比較です。その他の業界に比べて高いです。
ROE=17.3
ROA=7.7  

Public Storage(パブリック・ストレージ)の数値(2018年11月)
ROE=17.0
ROA=8.8

次に配当の推移を見てみましょう。

2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
1株配当 2.20 3.05 3.65 4.40 5.15 5.60 6.50 7.30
1株配当増加率   – 1.39 1.20 1.20 1.17 1.09 1.16 1.12

順調に推移して増配率は毎年9~39%。
2009年から2016年の7年間で配当が3.3倍に増えています。

配当が3.3倍に増えています。


配当が3.3倍ということは、
2009年に配当利回りが3%で買った株は、
2016年では投資金額の9.9%の配当利回りになっているということです。

配当狙いの場合は配当の成長率はパフォーマンスを大きく押し上げます。
増配率というのはとても重要です。

Public Storage(パブリック・ストレージ)の強み

Public Storage(パブリック・ストレージ)の強みは、なんといってもその利益率の高さ。
倉庫にセルフサービスでお金がざくざく入ってくる。

駐車場と同じイメージでしょうね。
駐車場のおっさんが駐車場入口に一人いて管理しているだけで、お金が自動でざくざく入ってくる。

Public Storage(パブリック・ストレージ)は業界のベストブランドであり、さらに高効率な経営をしています。契約率は90%を超えています。

下の地図はアメリカ東部でグーグル・マップでPublic Storage(パブリック・ストレージ)を検索したものです。
レビューが4.6~4.9と高レビューです。

左側の写真は貸し倉庫の写真で、既存の建物を改装した佇まいです。
ゼロから作るのではなく、初期投資を抑えて効率経営している様子がこの写真からもわかります。

出典:GOOGLE MAP

カメ爺さん
カメ爺さん
このサービスは解約するためにはガレージに入れたモノを回収してどこかに持っていかないといけないので、解約するのが面倒でずるずると継続してしまいそうなところも良いビジネスでしょう。
一度倉庫に入れてしまうと、別の倉庫に移動するのは面倒ですから、他社に乗り替えることも少なそうです。

Public Storageで気をつけたいところ

現在では業界が成長傾向にあり、かつその中のトップリーダー的存在で、好立地を押さえて優位に立っていますが、
当然のながら、競争はあります。
倉庫か過剰になり競争が激化しているエリアもあることは注意が必要です。

おんぼろ物件を買ってガレージに改装。ガレージはエアコンなしで維持管理費安い。
一般の賃貸物件のような、騒音、水漏れのようなトラブルもなし。
ほったらかしでキャッシュがざっくざく。
配当もしっかり払う株主重視の姿勢。
業界のビジネスのリーダー的存在Public Storage。
そんな誰の目に見ても良いビジネスの株価は、やはり安くはなくPER28(2018/11/21時点).
バリュエーションは低い。